点滴連続中毒死の旧「大口病院」、月内にも入院患者受け入れ再開

 平成28年9月に点滴連続中毒死事件が起きた横浜市神奈川区の旧「大口病院」(現・横浜はじめ病院)が、今月中にも事件後から取りやめていた入院患者の受け入れを再開する方針であることが16日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、入院患者の受け入れは、ワンフロア20床規模で再開予定。事件直後に市から行政指導を受けていた「看護師の増員」については、昨年末から今年にかけて、約10人の看護師を新たに雇用することで対応した。

 近隣住民や医療機関から入院患者受け入れ再開について問い合わせが相次いでいたことなどから、今月中に予定されている市の立ち入り検査で問題がなければ受け入れを再開する。

 病院は事件後、事件当時に在職していた医師や看護師らを全員解雇し、職員を刷新。昨年6月からは新規患者も含めて外来診療のみを実施していたが、入院については「看護師の確保ができ、市が可能であると判断すれば受け入れを始める」との考えを示していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ