上部組織幹部に送金か 朝鮮総連前支部長の古物営業法違反事件

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)葛飾支部(東京都葛飾区)の前委員長をめぐる古物営業法違反事件で、逮捕された千原柱革(ちはら・ちゅうかく)こと千柱革容疑者(45)の口座から、支部の上位組織に当たる朝鮮総連東京都本部(墨田区)の幹部のものとみられる口座への送金記録があったことが1日、捜査関係者への取材で分かった。公安部は今後、詳しい資金の流れなどを調べる方針。

 警視庁公安部と埼玉県警の合同捜査本部は1日、朝鮮総連東京都本部を同容疑で家宅捜索した。

 千容疑者をめぐっては平成29年1~6月、当時委員長を務めていた朝鮮総連葛飾支部などを拠点に、埼玉県の会社が販売する英語教材「スピードラーニング」の中古CDなどを、インターネット上のオークションやフリーマーケットで仕入れて転売するなど無許可で古物営業をしていた疑いが持たれている。「許可が必要だとは知らなかった」などと話しているという。千容疑者はこの期間に約75万円の利益を上げていた。

 公安部によると、千容疑者はこれ以前にも同様の売買を繰り返し、3千万円程度の利益を上げていた疑いもあるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ