「本当にお気の毒」と町内会長女性 「火災の恐ろしさ思い知った」自立支援施設火災

火災があった高齢者施設で消火活動をする消防隊員ら=1日午前1時30分ごろ、札幌市東区

火災があった高齢者施設で消火活動をする消防隊員ら=1日午前1時30分ごろ、札幌市東区

 「本当にお気の毒。人生の最期をこんな形で迎えて…」ー。11人が死亡した札幌市東区の生活困窮者自立支援関連施設「そしあるハイム」の火災で一夜明けた1日、近所に住む町内会女性は被害の大きさに絶句していた。

火災で煙と炎が上がる札幌市東区の高齢者施設=1日午前0時30分ごろ

火災で煙と炎が上がる札幌市東区の高齢者施設=1日午前0時30分ごろ

 地元の町内会会長を務める竹村清子さん(84)によると、同施設の1階玄関の前に、入居している男性らが季節のよい時は外で夕涼みをしていたり、談笑していたという。

一夜明けた生活困窮者支援関連施設「そしあるハイム」の火災現場。11人が死亡した=1日午前7時半、札幌市東区(杉浦美香撮影)

一夜明けた生活困窮者支援関連施設「そしあるハイム」の火災現場。11人が死亡した=1日午前7時半、札幌市東区(杉浦美香撮影)

 国勢調査でこの施設を訪れたこともあった竹村さんは「個人的な事情を詳しく聞くことはなかったが、入居者の方と目が合ったらあいさつするなどした」と振り返る。

一夜明けた生活困窮者支援関連施設「そしあるハイム」の火災現場。11人が死亡した=1日午前7時半、札幌市東区(杉浦美香撮影)

一夜明けた生活困窮者支援関連施設「そしあるハイム」の火災現場。11人が死亡した=1日午前7時半、札幌市東区(杉浦美香撮影)

次ページ「昨晩は皆既月食で月が本当にきれいだったのに…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ