スノボの男性2人救助 自力でコースに、けがなし 新潟・妙高市

 新潟県妙高市のスキー場「ロッテアライリゾート」で2日夕、コース外でスノーボードをしていて行方不明になった男性2人が3日午前3時20分ごろ、自力でコースに戻り、圧雪作業中のスキー場従業員が見つけて救助した。同県上越市の病院に運ばれたが、けがはないという。

 県警妙高署によると、2人は千葉県我孫子市白山の会社員、土田尚彦さん(34)と茨城県石岡市茨城の自営業、和田康就さん(41)。仲間5人でスキー場に来ていた。

 2人はリフトで山頂近くまで上がった後、2日午後6時ごろになって「自分の居場所が分からなくなった」と仲間に電話して以降、連絡が取れなくなっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ