繁華街でビル火災、初詣や買い物客が一時騒然… 神戸・三宮

 2日午後6時40分ごろ、神戸市中央区北長狭通の雑居ビル(8階建て)の5階にある居酒屋「遊食酒家る主水(もんど)神戸三宮店」から出火、調理場の天井の一部が焼けた。当時、店内には客や店員ら約50人がいたが全員避難し、けが人などはなかった。

 現場はJR三ノ宮駅から北西300メートルの飲食店が集まる繁華街の一角。近くにある生田神社の参拝客など正月休みの人々でにぎわっており、周囲は一時騒然となった。

 兵庫県警生田署などによると、店員から「炭火から炎があがって消すことができない」と119番があったといい、同署は出火原因を調べている。

 火事のあったビルの向かいで家族と食事をしていた兵庫県宝塚市の大学4年、中村彩香さん(22)は「白い煙が5分くらいで黒煙に変わり、ビルの中から慌てて飛び出すように人が出てきた。人通りの多いお正月にけが人がいなくて本当よかった。一歩消火が遅れたら大惨事になっていたと思う」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ