母刺した疑いで22歳長男逮捕 搬送後に死亡、青森

 青森県警は2日、同居の母親(45)を包丁で刺して殺そうとしたとして、殺人未遂の疑いで長男の会社員、佐々木圭容疑者(22)=青森市浪岡下十川白鳥沼=を現行犯逮捕した。母親は搬送先で死亡が確認され、県警は殺人容疑に切り替えて調べる。圭容疑者は「口論になって刺したが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。

 逮捕容疑は1日午後11時10分ごろ、市営団地にある自宅で、母親の恵さんを殺害しようと右胸を包丁で刺したとしている。

 県警によると、午後11時20分ごろ、圭容疑者が「母親を包丁で刺した」と119番通報。駆け付けた警察官が容疑者の部屋で血を流して倒れている恵さんと、凶器とみられる包丁を確認し、自宅にいた圭容疑者を逮捕した。圭容疑者は恵さんと2人暮らし。酒を飲んで午後10時半ごろ帰宅したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ