京都2人殺傷 負傷男性の娘とトラブルか「人間関係でもめていた」

 京都市伏見区で男性2人が刺され死傷した事件で、重傷を負った自営業の男性(45)に対する殺人未遂容疑で逮捕された中村正勝容疑者(50)が、過去に男性の娘(21)と同じ職場で働いていたことが1日、京都府警伏見署への取材で分かった。同じ部署の上司と部下で、職場内で人間関係をめぐってトラブルになったとみて詳しい経緯を調べる。

 同署によると、中村容疑者は「相手の命がどうなってもいいと思って刺した」と容疑を認めており、大津市木戸の猪飼将希さん(27)を殺害した容疑でも捜査する。

 逮捕容疑は昨年12月31日午後2時55分ごろ、中村容疑者のマンション前の路上で、男性を殺そうとして左腕などを刃物で刺し、切り傷を負わせたとしている。

 刺された2人は中村容疑者のマンションを車で訪れていた。一緒にいた娘と別の男性は「人間関係でもめていた。猪飼さんは車から降りたところを、逆上した男に刺された」と説明している。

 中村容疑者は事件後、現場から逃走し、大阪府警四條畷署に出頭。京都府警に身柄を引き渡された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ