陸自ヘリから落下物 ヘルメット部品、北海道のスキー場周辺

 7日午前10時半ごろ、北海道北広島市の上空を飛行していた陸上自衛隊のヘリコプターから、機長が装着していたヘルメットの部品(重さ約50グラム)が同市のスキー場周辺に落下した。けが人はないもようで、陸自第7師団(北海道千歳市)が詳しい状況を調べている。

 第7師団によると、ヘリは飛行訓練中で、機長ら男性隊員3人が乗っていた。札幌市の丘珠駐屯地を出発し、近郊の上空を回っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ