「そもそも何で岸和田でやるねん!?」 迷惑なイレブンスリー暴走、大きな謎

【衝撃事件の核心】

イレブンスリー暴走への警戒で国道26号線を規制する大阪府警の警察官たち=11月2日午後、大阪府岸和田市(志儀駒貴撮影)

イレブンスリー暴走への警戒で国道26号線を規制する大阪府警の警察官たち=11月2日午後、大阪府岸和田市(志儀駒貴撮影)

 大阪・岸和田と聞けば、まず思い浮かぶのは勇壮なだんじりのやりまわしのシーン。あるいは不世出のバッター・清原和博氏の出身地ということかもしれない。ところが近年、ある“イベント”の存在により、不名誉な形で岸和田の名前がとどろいてしまった。通称・イレブンスリー暴走-。毎年11月3日未明に起きる集団暴走行為だ。大阪府警は昨年に続き、700人以上の警察官を動員する一大封鎖作戦を実施。暴走車両をゼロに抑える「完封勝利」を挙げたが、当日の現場には期待族、ナンパ目的、果ては警察車両マニアに至るまで、さまざまな見物人が集まった。市民にとって迷惑極まりないイレブンスリーには、実は大きな謎がある。「そもそも何で岸和田でやるねん!?」

 コンビニなど続々閉店

 「今年こそやってくれると信じたい」

 11月2日午後8時、国道26号の総合体育館前交差点(岸和田市小松里町)。近くのコンビニエンスストアに車を止めた大阪府内の20代男性は、祈るような思いで道路を見つめた。

 この時点で数十人のやじ馬が集まっていた昨年と比べると、自分も入れて数人程度しかいない閑散とした雰囲気。昨年来の警察の封じ込め作戦の効果だが、男性は「ツイッターでは『復活させようや』というつぶやきもあった」と“祭り”の再現に期待を寄せた。

次ページ「キターッッ!」。期待族の表情に高揚が走る

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ