北日本、風と波に警戒を 低気圧影響で大荒れに

 北海道付近で発達した低気圧の影響で、北日本などでは12日にかけて大荒れの天気になる恐れがある。気象庁は11日、暴風や高波に警戒するよう呼びかけた。

 気象庁によると、北海道付近を通過した低気圧は、12日にかけてオホーツク海を北東に進む見通し。北日本を中心に非常に強い風が吹き、北海道付近の海では12日昼すぎにかけて大しけとなる見込み。東北と北陸でも12日明け方まで高波に注意が必要という。

 12日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方が28メートル(40メートル)、東北地方が25メートル(35メートル)。波は北海道で9メートル、東北で7メートル、北陸地方で6メートル。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ