西宮消防署北夙川分署の消防士、速度超過で現行犯逮捕

 法定速度を約30キロ上回る速度で大型バイクを運転したとして、兵庫県警三田署は10日、道路交通法違反(速度超過)の疑いで、西宮消防署北夙川(きたしゅくがわ)分署の消防士の男(51)=神戸市北区=を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は10日午後5時ごろ、三田市内の県道を大型バイクで、法定速度の時速40キロを上回る時速72キロで走行したとしている。

 同署によると、速度違反取り締まり中に同署員が消防士を摘発。免許証の提示を求めた際、「違反になることに納得できない」と話し、免許証を出すのを一時拒んだという。

 同消防署北夙川分署は「事実関係の確認ができていないため、コメントできない」としている。消防士はこの日は公休日だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ