衆院選 「国民と国会の意見が一致していない」弁護士グループが主張 「一票の格差」訴訟

 今回衆院選の「一票の格差」をめぐる全国一斉訴訟を手がける升永英俊弁護士のグループは23日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、選挙区によって一票の重みに格差が生じていることで「国民の多数意見が国会の多数意見と一致していない」と語った。

 升永弁護士は「少数の有権者が多数の国会議員を選んでいる状態。国会議員の多数決が、国民の多数意見と一致することが保証されておらず、憲法違反だ」と指摘。「無効の選挙で選ばれた議員や(議員に選ばれた)総理大臣は無資格者であり、法律を作ることも違憲だ」と述べた。

 同じグループの伊藤真弁護士は「国民の声が正しく反映されておらず、民主的正当性がないと言わざるを得ない」と主張。区割りの見直しで最大格差が2倍未満に是正されたことについても「2倍を切ったことに何の価値もない」として、格差解消を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ