大麻樹脂を密輸疑い34歳男を逮捕 インドで入手か 兵庫県警

 海外から大麻樹脂を密輸するなどしたとして、尼崎北署は6日、大麻取締法違反(所持、密輸)の疑いで、尼崎市水堂町の無職、新野浩司容疑者(34)を逮捕、送検したと発表した。「自分で使うためだった」と容疑を認めている。

 送検容疑は9月11日、大麻樹脂計33グラムをプラスチック製容器などに入れて隠したままマレーシアから関西空港に航空機で密輸し、自宅で所持したとしている。

 同署などによると、大麻樹脂はインドで入手したとみられる。県警が同16日に新野容疑者の自宅を家宅捜索して発見し、同25日に所持容疑で逮捕していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ