茨城妻子6人死亡で逮捕の父親 「殺害後にガソリンまいた」 別れ話あったと説明

 茨城県日立市田尻町の3階建て県営アパートの一室から出火し、母子6人が死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された自称会社員の小松博文容疑者(32)が「家族を殺した後、ガソリンをまいて火をつけた」と供述していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。また、亡くなった妻の恵さん(33)との間に浮気をめぐる別れ話があったと説明をしているという。

 県警は同日、長女の夢妃(むうあ)さん(11)への殺人容疑で小松容疑者を送検し、アパートの現場検証をした。

 県警によると、他に死亡したのは、長男の幸虎(たから)君(7)、次男の龍煌(りゅあ)君(5)、双子の三男の頼瑠(らいる)君(3)と四男の澪瑠(れいる)君(3)。

 捜査関係者によると、6人の遺体には腹部など上半身を中心に複数の刺し傷や切り傷があった。火災による損傷は大きくないという。6人は小松容疑者に刃物とみられるもので切りつけられて殺害された可能性が高いとみて、県警は今後司法解剖して詳しい死因を調べる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ