取り調べの重要性再認識 宮崎勤元死刑囚の証言 幼女連続誘拐殺人事件

 幼女連続誘拐殺人事件は「ネズミ人間が出てきた」「覚めない夢の中でやったような感じ」など、公判での宮崎勤元死刑囚の証言が強く印象に残るが、逮捕当初はこうした供述はなかったという。

 幼い女児が誘拐され殺害される事件は、その後も全国で相次いでいる。今年3月にも千葉県松戸市でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害され、殺人容疑などで元小学校保護者会長の渋谷恭正(やすまさ)被告(46)が逮捕された。渋谷被告は黙秘しており、公判で真実が語られるかは不透明だ。過去の事件でも当初は容疑を認めてもその後、黙秘や否認に転じる例は少なくない。

 現在は客観証拠となる科学捜査で証拠を集める捜査が中心だ。だが、宮崎元死刑囚のやりとりを再現すると、供述の真偽を見極め真相を究明する取り調べがいかに重要であるかが、改めて認識された。事件から30年近くになるが、残した教訓は過去のものではない。   (荒井敬介)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ