宮崎元死刑囚 浮かぶ狡猾さ 「偽装で頭いっぱい」「自分かわいかった」 幼女連続誘拐殺人事件

 東京・埼玉幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤元死刑囚=平成20年に死刑執行、当時(45)=の取り調べ時の詳細なやりとりが6日、判明した。裁判記録や複数の関係者への取材をもとに当時の状況を再現すると、公判での特異な言動と異なり、偽装や逡巡など狡猾な人物像が浮かんだ。

 宮崎元死刑囚は女児の裸の写真を撮影しており、動機はわいせつ目的が疑われていた。取調官は「性癖を満足させるための誘拐じゃないのか」と尋ねる。これには「それは違います」と否定する。

 では動機は何か。「なんで違うんだ。説明して」「あくまで理性として、かわいがりたい。そばに置く間は自分の子供であると…」と、理性があっての犯行だと主張する。

 「なんで自分の子供が欲しいんだ」「相手にされないから」。大人の女性からは拒絶されていることを示唆する。

 「女性に相手にされないってことは」と促すと、「子供ができないってこと」と、子供が欲しいことを強調。「自分で子供を持ちたいと思っているのか」の問いに、「はい」と言い切った。

 「じゃあ結婚するよう努力すればいいじゃないか」とただすと、「逆に行ってしまったんです」。取調官は要約して尋ねる。「結婚しなくても誘拐すれば簡単に子供が持てると、そういうことか?」「うん」と認めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ