男女3人負傷の連続通り魔 強盗致傷容疑で男を再逮捕 警視庁

 東京都北区と板橋区の住宅街で男が暴れ、男女3人がけがをした事件で、警視庁捜査1課は6日、強盗致傷容疑で、板橋区舟渡の風俗店従業員、宮城奈央土容疑者(21)=公務執行妨害容疑で現行犯逮捕=を再逮捕した。調べに対し、「記憶がありませんが、私がやったと思います」などと供述している。

 逮捕容疑は5日午前8時20分ごろ、北区赤羽西の路上で、通行人の男性(61)に「カバンをよこせ」などと言って顔面を殴り、顔面打撲の軽傷を負わせたとしている。

 捜査1課によると、宮城容疑者は事件当日、午前1時ごろに仕事を終え、職場の上司と池袋駅付近で酒を飲んでいたという。「途中から記憶がない」などと話しており、同課が詳しい経緯を調べている。

 事件は5日午前8時すぎから約20分間の間に連続して発生。男性のほか、住人女性(73)が包丁を突きつけられて軽傷を負ったほか、別の女性(43)も殴られて前歯を折るなどした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ