電通社員過労自殺「再発防止の言葉は空虚」 まつりさん母、NHK記者の過労死に触れる

 電通の違法残業事件で、過労自殺した高橋まつりさん=当時(24)=の母、幸美さん(54)は6日、記者会見し、次のようなコメントを読み上げた。全文は次の通り(原文のまま) 

 本日、電通の労働基準法違反に関する判決がおりました。社員に対する違法な働かせ方は犯罪であり、会社に責任があるということが証明されました。どんなに立派な仕事をしていたとしても、労働基準法違反は許されない犯罪です。社員の権利と健康を守らずして利益をあげることは、会社を守ることになりません。以上のことを念頭に置いて日本の全ての経営者は会社経営の方針を立て、経営を行っていかなければならないということです。

 社員が過労死しなければ罰せられない。

 社員からの訴えがなければ罰せられない。

 通報されなければ罰せられない。

 調査が入らなければ罰せられない。

 という間違った認識で会社経営が行われることがないよう、これからも引き続き国をあげて労働局の監視を強化してもらいたいと思います。

 罰金50万円という罰則に関しましては、労働基準法違反により労働者が死亡した場合の罰則が強化されるよう法律の改正を望みます。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ