ホットドッグに大麻挟む 密輸の疑いで女子大生を逮捕

 広島県警は5日までに、ホットドッグに大麻を挟んで密輸しようとしたとして、大麻取締法違反(輸入)の疑いで、広島市中区、大学生、頼実莉沙容疑者(21)を逮捕した。容疑を否認している。

 神戸税関広島税関支署によると、頼実容疑者はプラスチック袋に入れた大麻をホットドッグ用のパンに挟んで隠すなどしていた。広島空港の税関の手荷物検査で見つかり、通報を受けた県警が9月20日に逮捕した。

 逮捕容疑は9月19日、大麻約0・97グラムをスーツケースに隠し、中国・上海から航空機に搭乗し、広島空港に到着。日本国内に持ち込んだ疑い。

 県警によると、頼実容疑者はヨーロッパ方面から上海で航空機を乗り継いでいた。「隠して持ち込もうとしたわけではない。忘れていただけ」と話しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ