「任侠山口組」関係者射殺 代表も出席 事件後初の定例会

 指定暴力団神戸山口組から離脱して結成された新組織「任侠(にんきょう)山口組」が28日、兵庫県尼崎市の傘下組織事務所で幹部らが集まる定例会を開いた。今月12日に同組関係者の男性が神戸市長田区で射殺される事件が発生してから初めての定例会で、今後の組織運営について話し合ったとみられる。事件では金禎紀=通称・織田絆誠(よしのり)=代表(50)が狙われたとされ、兵庫県警が厳重な警戒にあたった。

 織田代表は午後2時15分ごろにワゴン車で到着。周囲を組員らに守られながら事務所に入り、約1時間半後に事務所を後にした。県警は事務所前の道路で検問を行い、組関係者らの身体検査を実施。防弾チョッキを着た警察官らも警戒にあたり、付近は一時ものものしい雰囲気となったが、目立った混乱はなかった。

 射殺事件は12日午前、長田区五番町の路上で発生。神戸山口組直系「山健組」傘下組織組員、菱川龍己容疑者(41)=殺人容疑で指名手配=らが織田代表の自宅を出発した3台の車列を襲撃し、2台目から降りてきた織田代表の警護役、楠本勇浩(ゆうひろ)さん(44)ともみ合いになった末、拳銃で頭を撃って殺害したとされる。先頭車両には織田代表が乗っていた。

 県警長田署捜査本部は神戸山口組と任侠山口組の抗争事件と断定。今後対立が激化する可能性もあるとみて警戒を強化している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ