不幸の始まりは今井絵理子議員との不貞疑惑 “猛スピード”で転げ落ちた「ハシケン」

【衝撃事件の核心】

 当初は否定していた政務活動費(政活費)の不正受給疑惑について、追い詰められる形で認め、神戸市議の職を追われた橋本健氏(37)。疑惑報道のそもそもの発端が、妻子を持つ身でありながら、アイドルグループ「SPEED」の元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員との交際疑惑だったことが不幸の始まりだった。「一線は越えていない」という2人の釈明がテレビのワイドショーの格好のネタとなり、一介の地方議員が一気に「全国区」の存在に。その後、市政報告ビラの架空発注に伴う政活費の不正受給疑惑が連日、大きく報道されるようになった。“不貞ロマンス疑惑”に端を発した一連のスキャンダルで、橋本氏は猛スピードで坂道を転がり落ちた。(小松大騎)

橋本健氏の政務活動費不正受給の構図(神戸市議会事務局の説明などによる)。すでに市民団体や市議会が橋本氏を詐欺罪で刑事告発している

橋本健氏の政務活動費不正受給の構図(神戸市議会事務局の説明などによる)。すでに市民団体や市議会が橋本氏を詐欺罪で刑事告発している

 交際疑惑で認知度アップ

 大阪に向かう新幹線の車内で仲むつまじく手をつないで眠る姿、同宿のホテルから別々に出た後、同じタクシーに乗り込む姿…。週刊新潮(7月27日発売)が、衝撃的な写真とともに交際疑惑を報じた2人が、神戸市議の自民党市議団幹事長の橋本氏と今井議員だった。

 発売日当日、橋本氏が市議会に姿を現し、記者会見。「自分の脇の甘さを痛感しており、軽率な行動だったと反省している」と沈痛な面持ちで頭を下げた。

 テレビのワイドショーのリポーターを含む約40人の報道陣が囲む中、橋本氏は大粒の汗を流しながら釈明を繰り返した。妻と子供2人がいる橋本氏は会見で、結婚生活が破綻していると強調し、今井議員に交際を申し込んだことを告白。ただ「不倫という自覚はなかった」「一線は越えていない」などと述べた。

次ページ週刊新潮が報じた「略奪不倫」については橋本氏と同様に明確に否定した

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ