宮古島でプロポーズ成功直後に男性転落死 その涙の真相

 人生のハイライトシーンは、一瞬にして悲劇の一幕に変わった。風光明媚な日本有数のデートスポットで起きた痛ましい事故。なぜ男性は橋の欄干に駆け上るほど喜びを爆発させたのか。涙の真相を徹底取材。

 澄み切ったエメラルドブルーの海に伸びる、全長3540mの「希望の橋」。沖縄・宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」は、旅行情報サイト『トリップアドバイザー』が昨年発表した「日本の橋ランキング」で1位に輝くなど、2015年1月の開通以降国内でも有数の絶景ポイントとして多くの観光客を虜にしてきた。

 橋の上から見える白い雲が漂う空は、海との境目が曖昧になるほどの青さをたたえている。一転、夜になると水面に映った月が波に揺れて、一層ロマンチックな雰囲気を醸し出す。波の音だけが響く橋の上で、恋人たちが愛を囁きあうデートスポットとしても評判だ。だが、その橋の中央付近には今、花が手向けられている。

 伊良部大橋の中央に1台の車が止まった。男性にとって一世一代の大勝負、プロポーズ。その橋の上で車を降り、選び抜いた言葉を伝える。女性の返事は、「YES」。喜び勇んで、男性は欄干を乗り越えた。

 9月4日午前0時頃のことだった。宮古島に住む石垣有一さん(32才)が伊良部大橋から約30m下の海に転落した。

次ページ海上保安部のダイバーによって深さ約18mの海底に沈んでいるところを発見されたが…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ