相撲部元顧問に罰金30万円 日大東北高、部員に暴行

 福島県郡山市の私立日大東北高相撲部員に暴行を加えたとして、郡山区検は15日までに、傷害罪で顧問だった20代の元男性教諭を略式起訴した。8月30日付。郡山簡裁は今月5日、罰金30万円の略式命令を出した。

 元教諭は昨年5月の稽古後、当時1年の男子生徒の尻をデッキブラシで突き、約1週間のけがを負わせたとして傷害容疑で書類送検された。元教諭は今年1月に教職を解かれ、日大本部付となった。

 同校相撲部は全国高校総体に何度も出場する常連校。昨年12月に元教諭の暴行が発覚した後、無期限の休部となっていたが、今年2月に活動を再開した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ