母娘刺してミニバイクで逃走…元交際相手とみられる男が出頭 大阪府警

 堺市中区八田北町のマンションで13日夜に母子が刺され、搬送先の病院で母親の二瀬恵美さん(35)が死亡、娘の若葉ちゃん(4)が重傷を負った事件で、現場からミニバイクで逃走していた元交際相手とみられる48歳の男が出頭した。大阪府警は西堺署に殺人容疑で捜査本部を設置し行方を追っていた。

 西堺署や市消防局によると、二瀬さんと若葉ちゃんはマンションの室内で血を流して倒れ、付近で凶器とみられる包丁が見つかった。二瀬さんとは別の女性が通報し、「元夫が今の奥さんと娘を刺して逃げた」と説明。男はこの女性の家を訪れ「刺してきた」という趣旨の話をして立ち去った。

 二瀬さんは昨年5月、同署に「同居中の男から平手で殴打され、肩などを踏みつけられた」と相談した。約2カ月後に「男とは別れた」と話したため、対応を打ち切ったという。捜査本部は男との間にトラブルがあったとみて調べる。

 現場近くで飲食店を営む女性は「パトカーや捜査車両が何台も来て物々しい雰囲気だった。すぐそばでこんな事件が起こるなんて」と話した。

 現場は泉北高速鉄道深井駅の西約1キロの住宅街。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ