「任侠山口組」関係者の射殺事件 男と言い争い、つかみ合いの末に頭部銃撃される

 神戸市長田区で指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠山口組」関係者の楠本勇浩さん(44)が射殺された事件で、楠本さんは犯人グループの男と言い争い、つかみ合いになった末に頭部を銃撃されたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。目撃証言などから、男は神戸山口組傘下組織の組員とみられ、長田署捜査本部が行方を追っている。

 現場は任侠山口組の織田絆誠代表(50)の自宅近くで、代表が乗ったとみられる車列が出発して間もなく、犯人グループが車をぶつけて襲撃。発砲は複数あり、捜査本部は、織田代表の行動を事前に把握した計画的な犯行とみて当時の状況を詳しく調べる。

 捜査本部によると、車列は3台で、それぞれ任侠山口組の関係者数人が乗っていたという。犯人グループの車は、織田代表が普段使っていた先頭車両に衝突。代表の警護役とみられる楠本さんは2台目に乗っていた。

 犯人グループは車から降りてきた楠本さんを射殺後、車を残したまま、徒歩で逃走した。捜査本部は遺留品などの確認を急いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ