「確かにひどい」水上バイク、女性ナンパやマナーの悪さは風物詩? 琵琶湖レジャーの現状

【関西の議論】

 遊泳や水上スポーツを楽しむ客でにぎわう関西有数の水上レジャースポット、琵琶湖。今夏も多くの客が訪れたが、一方で深刻な問題となっているのが水難事故の急増。なかでも水上バイクやモーターボートなど船舶の事故が相次いでおり、7月末時点で既に昨年1年間の事故件数に迫る勢いだ。そんな琵琶湖の安全を守るのが、滋賀県警地域課の水上警察隊。夏季は毎日、警備艇で水上パトロールをしている。そのパトロールに同行し、琵琶湖の水上レジャーの現状をみた。(北野裕子)

 確かにひどい…

 水上警察隊は平成23年、県内6署の水上派出所や警備艇を統合して発足した。警備艇は基本的に船舶免許を持った警察職員と警察官が2人1組で乗り込み、湖上を巡回する。

 7月下旬、琵琶湖で最大の人出を誇る近江舞子水泳場(大津市南小松)のパトロールに同行した。警備艇に乗り込み、沖合を目指して出航すると、そこは青い空に青い湖、保安水域で遊ぶ家族連れの姿も。澄んだ湖水が浜辺に映える。

 こちらまでゆったりとしたレジャー気分に浸っていたところ、保安水域を示すブイ付近を激しい水しぶきをあげて水上バイクが走り去った。「人に接触しないか」。そんな心配が頭をよぎる。

次ページ「着任前に水上バイクなどのマナーに問題があるとは聞いていたが…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ