津波にドローン出動 仙台市検討、上空から避難広報と情報収集

 防災や減災にドローンを活用する取り組みを進めている仙台市が、津波が発生した場合などを想定して、警報などの情報を受信すると自動的に出動して防災活動をするドローンの導入を検討していることが分かった。NTTドコモとともに、早ければこの秋にも実験に踏み切る。

 仙台市が進めているのは、自動航行ドローンによる避難広報と情報収集。実験を実施する場合には、模擬的に津波警報のような情報を送信し、ドローンを自動的に出動させて、搭載したスピーカーでレジャーや業務などで沿岸部にいる人に避難を呼びかける。警報に気付かずに逃げ遅れた人を発見できるかどうかや、津波避難施設に誘導することができるかどうかが、ポイントになる。

 市は昨年8月にNTTドコモとICT(情報通信技術)を活用したまちづくりに関する連携協定を締結した。これに基づき、同年11月に津波避難広報ドローン、今年2月に冬山遭難者捜索支援ドローン、6月に緊急医薬品搬送ドローンの実証実験を行ってきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ