まさかの露店爆発、修羅場と化した現場 被害者が吐露した福知山花火大会事故の苦悩

【衝撃事件の核心】

 京都府福知山市の河川敷で平成25年8月、花火大会の露店が爆発し、3人が死亡、露店主を含む55人が負傷した事故は、今年8月15日で4年となった。「いきていてくれて ほんとうによかった」。事故に巻き込まれた子供たちへ宛てた妻の走り書きを初めて公開した男性は「被害者が声を上げないと伝わらない」と語る。「事故を風化させたくない」と初めて取材に応じてくれた女性は、やけどの痕が今も残る子供の将来を「傷が負い目にならないだろうか」と案ずる。被害者の補償交渉も続いており、事故はまだ終わっていない。(桑村大、南里咲)

 「いきていてくれて ありがとう」

 「しばらく見つかっていなかったが、(2年前の)引っ越しの際に出てきた。報道の方にお目にかけるのは初めて」。京都市の会社員、盛本英靖さん(50)はそう言って、病院のパンフレットを差し出した。そこにはボールペンで、力強く、こう走り書きがされていた。

 「いきていてくれて ほんとうによかった」

 25年8月15日、花火大会見物のため京都府福知山市の由良川河川敷にいて重傷を負った妻(45)が、同じく被害に遭い、別の病室に運び込まれた長男(15)と次男(10)に宛てて書いたメッセージだった。

 「いきていてくれて ほんとうによかった ○○くん(長男)、△△ちゃん(次男)のこと たすけてくれて ありがとう。いっしょに にげてくれて ありがとう。○○くんもいっぱいヤケドしたよね いたい思いをさせてしまって ごめんね」

次ページ「○○くん、△△ちゃん だいじょうぶですか? いたいところはない?」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ