3カ月長男を自宅に放置し外泊、長男死亡 両親を逮捕 大阪府警

 生後3カ月の長男を自宅に一晩放置したとして、大阪府警住之江署は18日、保護責任者遺棄容疑で、大阪市住之江区の自営業の男(36)と無職の妻(19)を逮捕したと発表した。2人はホテルに外泊しており、長男は病院に搬送されたが死亡。同署は同遺棄致死容疑も視野に調べている。

 逮捕容疑は、7月16日午後11時ごろ、同市住之江区内の集合住宅で、長男を放置して外出し、放置したとしている。ともに容疑を認めており、男は「今までも何回か自宅に置いたまま出かけていたので大丈夫だと思った」と供述しているという。

 同署によると、2人は長男をベビーベッドで寝かせたうえで車で外出。同市内のホテルに一泊し、翌17日午前9時ごろに帰宅した女がミルクを与えようとした際、うつぶせの状態で息をしていないことに気づき、男が119番したという。

 2人が外出した際、長男はベッドの上にあお向けの状態で、冷房はついた状態だったという。長男は生後4カ月になる直前で、目立った外傷などはなかったといい、同署は司法解剖して死因の特定を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ