時効7カ月前、3人逮捕 パチンコ店で強盗容疑

 平成20年2月に茨城県阿見町のパチンコ店に押し入り現金を奪ったとして、県警牛久署は1日までに強盗の疑いで、住所不定の会社員、深谷裕基容疑者(31)ら3人を逮捕した。公訴時効の成立が来年2月に迫っていた。

 深谷容疑者は昨年9月、同じパチンコ店で強盗致傷事件を起こしたとして、今年4月に逮捕、5月に起訴された。同署によると、この捜査過程で20年の強盗事件に関与した疑いが強まった。

 他に逮捕されたのは、栃木県栃木市大平町富田、派遣社員、松本英士容疑者(30)と、栃木県小山市横倉、自称配送業、飯島智章容疑者(33)。3人の逮捕容疑は、20年2月4日午前8時半ごろ、阿見町廻戸のパチンコ店で男性店長を拳銃やナイフのようなもので脅し、金庫から約460万円を奪ったとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ