300万円要求に1500万円渡す オレオレ詐欺被害の77歳女性「息子が心配で…」

 茨城県警取手署は、取手市の無職女性(77)が息子を名乗る男から電話で現金を要求され1500万円をだまし取られる被害があったと発表した。要求された金額は300万円だったが、女性は「子供が心配で多めに渡してしまった」と話しているという。同署が詐欺容疑で捜査している。

 取手署によると、26日午後0時半ごろ、三男を名乗る男から女性宅に「会社でカネが必要だが、下ろせない」「300万円用意してくれないか」などと電話があった。女性が「1500万円用意する」と応じ、男は「同僚が取りに行く」と話した。同日午後3時半ごろ、女性宅付近の路上で、三男の同僚を名乗る男に現金を手渡した。

 女性は夫(77)、三男(45)と3人暮らしで、現金を渡した直後に三男が帰宅。女性が経緯を話したところ、三男が「自分じゃない」と語り、被害に気付いたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ