清掃センターのごみから1千万円発見、作業員が持ち帰る 福島県警、窃盗容疑で書類送検へ

 福島県田村市の清掃センターで、収集されたごみの中から約1千万円が見つかり、ほぼ全額を清掃作業員の男性2人が持ち帰った疑いがあることが19日、同市などへの取材で分かった。県警田村署は、窃盗容疑で2人を書類送検する方針。

 市などによると、2月27日、市船引清掃センターの作業員3人がごみの分別作業中に現金を発見し、このうち2人が自宅に持ち帰った。

 市から清掃センターの業務を請け負う協業組合たむら環境センターに、持ち帰った2人のうち1人が「数万円だけを見つけた」と28日に申告。市から連絡を受けた田村署の調べで、2人が約1千万円のほぼ全額を持ち帰ったとみられることが分かったという。

 市は現金がどのような状態で発見されたかについて明らかにしていない。現金の持ち主も判明していないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ