無人ATMに警官900人 大阪府警 特殊詐欺多発で警戒

 多発する特殊詐欺被害を未然に防ぐため、大阪府警は12日、府内約400カ所の無人ATM(現金自動預払機)前に連日、警察官約900人を配置する取り組みを始めた。高齢者が詐欺グループの電話を信じ、不慣れなATMを指示通りに操作してしまう被害が目立つため、過去に送金に使われたATMを中心に警戒する。

 府警によると、これだけの規模で無人ATMを集中警戒するのは全国的にも異例という。期間は非公開とし、終了後も不定期で警戒を継続する方針。

 府警によると、府内で平成28年に発生した特殊詐欺は1633件、被害額約52億6千万円と過去最悪を更新。特に還付金詐欺は725件、約8億2700万円で全国最悪だった。府警が昨年10月以降の被害状況を分析したところ、被害の90%以上で職員のいない無人ATMが利用されていたため、対応が必要と判断した。

 大阪府東大阪市の近鉄八戸ノ里駅のりそな銀行の無人ATMでは、この日朝から布施署員2人が高齢者らに声を掛け、利用状況などを確認。詐欺の手口などを紹介するチラシを配って注意を呼びかけた。同市の無職女性(81)は「警察官がいてくれたら安心です」と話していた。

 府警幹部は「大阪は特に還付金詐欺が多い。マンパワーで一件でも多くの被害を防ぎたい」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ