堤防から川に飛び込み、男子中学生溺れて死亡 福岡・那珂川町

 5日午後5時半ごろ、福岡県那珂川町の那珂川で、高さ約2メートルの堤防から川に飛び込んだ県内中学の男子生徒(13)が溺れたと119番があった。救急車で市内の病院に運ばれたが、約2時間後に死亡が確認された。この生徒は同級生4人と川遊びをしていたといい、春日署は詳しい状況を調べている。

 同署によると、5人が堤防から順番に飛び込んでいたところ、この生徒だけが水面に上がってこなかったため、同級生が通報した。遊んでいた周辺は1・7~1・8メートルの水深があったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ