保育園に産地偽装ゴボウ納品 中国産を「青森産」 容疑で2人逮捕

 外国産のゴボウを青森県産と偽って保育園に販売したとして、警視庁生活経済課は25日、不正競争防止法違反容疑で、保育園専門の給食食材卸業「エースプランニング」(横浜市)埼玉支店長、宮川剛彦(41)=埼玉県富士見市=と、仲卸業「富士仲青果」(豊島区)従業員、山宮優美(34)=北区=の両容疑者を逮捕した。2人とも容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年7~8月、外国産ゴボウに「青森県十和田市産」の産地表を付け、都内の保育園に納品したとしている。鑑定の結果、ゴボウは中国産と台湾産だった。

 同課によると、平成26年に国産ゴボウが高騰したため、宮川容疑者は山宮容疑者から値段が安定している中国産ゴボウを仕入れ、同年7月から偽装を始めた。2年4カ月で約6千キロを東京▽埼玉▽千葉▽神奈川▽茨城-の計283園に販売したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ