前川氏「文科省は気の毒」…退職後の“告発”「力不足」繰り返す

 「あったものをなかったことにはできない」。学校法人加計学園(岡山市)の獣医学部新設計画に関わる記録文書をめぐり、文部科学省の前川喜平前事務次官(62)は25日の記者会見で、文書の存在を認めた。一方、自身が指摘する「行政のゆがみ」を在職中に改善しなかったことを問われると、「私の力不足」と繰り返した。

 この日、前川氏は会見場にスーツ姿で登場。代理人弁護士と並んで着席した。

 獣医学部新設の動きについて、「加計学園が(新設校に)選ばれる前提で話が進んでいた」と振り返り、官邸や内閣府の意向が強かったことを強調。具体的に意向を示した主として文書に記されていた「官邸の最高レベル」については「一番上なら総理、その次なら官房長官なので、どちらかかなと思った」と話した。

 文科省が文書を確認できないとしたことについて、「本意ではないことを言わされている」とした上で「文科省は(松野博一)大臣を含めて気の毒だ」などと述べた。続けて「今の文科省は政権中枢からの意向、要請に逆らえない状況」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ