防犯腕章つけ女児触る 69歳男逮捕 群馬県警

 小学1年の女児の体を触ったとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、群馬県警前橋署は17日、前橋市北代田町の無職、井田敏和容疑者(69)を逮捕した。調べに対し容疑を認め「小さい子供がかわいかったから」と供述している。

 逮捕容疑は16日午後3時15分ごろ、市内の路上で友人3人と下校中だった小学1年の女児(6)に声をかけ、服の上から腰や腕などを触ったとしている。

 同日午後、女児の母親から県警に「小学生に声をかけている男がいる。娘の体を触られた。緑色の腕章をしていた」と連絡があった。

 同署によると、井田容疑者は一般的に見守り活動などに使用される緑色の「防犯腕章」を身につけていたという。ボランティア団体などには所属していないとみられ、同署が腕章の入手経路などを調べている。井田容疑者は約2年前から自主的に見守り活動をしており、女児と面識があった。井田容疑者は複数の児童に声かけをしており、同署は余罪がないかなどを調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧