警官、勤務時間中に高校野球賭博の疑い 6人書類送検、福岡

 福岡県警は20日、留置管理課の勤務時間中に野球賭博を繰り返したとして、警察官7人を本部長注意などの処分にした。このうち6人を単純賭博の疑いで書類送検した。事件の容疑者を福岡地検に護送した際、待機する控室で高校野球全国大会の優勝校を予想する賭け事をしていた疑いがある。捜査関係者への取材で分かった。県警は処分が発表基準に当たらないとして公表していない。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は2014年~15年、夏の全国高校野球選手権大会や春の選抜高校野球大会で優勝校を予想し、1口千円で賭けた疑い。7人は「勝ったお金は参加者全員の飲食代に使った」などと説明しているという。

 福岡県警では今年3月、宴席で同僚の女性警察官の体を触ったとして、留置管理課の男性警部補2人=いずれも依願退職=が強制わいせつ罪で在宅起訴された。この捜査の過程で野球賭博の問題も発覚した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧