金延べ棒、受け取れるのは100歳!? 卑劣な兄弟会社、高齢者だまし12億円集金

【衝撃事件の核心】

 金地金(延べ棒)を分割前払いで販売するなどと偽って現金をだまし取っていたとして、兵庫県警が昨年から今年にかけ、大阪市内の貴金属販売会社2社を相次いで摘発した。2社は安定資産としての金の魅力をアピールし、高齢者らから計約12億円を集金。言葉巧みに中途解約ができるように装い、実際には100歳近くにならなければ金を受け取れない非現実的な契約もあった。2社は本来ならライバル関係にあるはずが、定期的に合同会議を開き、契約額などの“業績”を競い合ったり、顧客獲得のノウハウを共有したりしていたという。実は2社はもともと、破綻した先物取引会社から派生した兄弟会社で、逮捕された社員の多くは先物取引のエキスパート。規制強化の隙をついて投資詐欺を企てたとみられ、事件からは警察と詐欺グループのいたちごっこの様相も浮かび上がる。

 都合が良すぎる契約

 「リーマン・ショックのような事態が起きたとしても金なら安全。有事の時の金ですよ」

 1月に県警が詐欺容疑で社長の男(48)=同罪で起訴=ら6人を逮捕した大阪市中央区の貴金属販売会社「エコライフプロモーション」(閉鎖)は、こんなうたい文句で高齢者を次々と投資に勧誘していた。

 2008(平成20)年のリーマン・ショック以降、世界的な金融危機への警戒感などから金への投資が流行。東京商品取引所では平成12年に1グラム千円程度で取引されていた金の価格が、25年には一時5千円以上に急騰した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ