豊洲百条委(7)森沢正範元市場長がキーマンの前川燿男練馬区長の関与を否定

 豊洲市場(東京都江東区)移転問題の都議会百条委員会で、石原慎太郎元東京都知事から東京ガスとの用地交渉をめぐるキーマンと名指しされた元都知事本局長の前川燿男(あきお)練馬区長について(後に石原氏が発言を訂正)、平成15年~18年に市場長を務めた森沢正範氏は、「東ガスと直接(交渉を)やっていたということはない。内容について議論したという記憶はまったくない」と話し、前川氏の関与を否定した。

 また、当時の体制について、「土壌汚染対策については関係各局が絡むので知事本局が窓口になる。関連局がたくさんある場合は知事本局が窓口として統括してくれると理解している」と述べ、知事本局は窓口的な役割を務めていたことを明らかにした。

 前川氏の役割をめぐっては、石原氏が3日の会見で、「前川君が実際の契約までもっていった」などと述べ、用地買収の交渉役だったとの考えを示したが、「誤りだった」と訂正を発表した。百条委は4月、前川氏を証人喚問する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ