コツンと追突したら「5000万円払え」 裁判所に提訴までした男の正体は…?

 「本当に信じられない感じです。あんなものでけがをするなんて、とても信じられないです」

 東京地裁の法廷で、被告の男性はよく通った声で3人の裁判官に向かって答えた。原告席からは、その様子を憮然と見やる男性の姿があった。追突事故を起こし、5000万円を超える賠償訴訟を起こされた被告の男性は憤然としていた。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

 東京地裁の判決文などから当時の状況を再現してみる。

 平成23年10月6日午前9時36分ごろ、東京都足立区江北の高架下の都道で、千葉県松戸市のトラック運転手の男性(47)は4トントラックを運転していた。赤信号で停止したが、前に止まった軽トラックはなかなか発進しない。

 「パン」と軽くクラクションを鳴らした。軽トラックはゆっくりと発進した。男性(以後A)は嫌な予感がした。前を行く軽トラックの運転手はバックミラーでチラチラとこちらを見ている。後ろを振り返ることもあった。

 「クラクションに気を悪くしたかな」

 軽トラックはなかなか加速しない。時速は約30キロだった。ところが突然、前の軽トラックは急ブレーキを踏んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ