「そんなんインチキやん!」人から車借りて事故 使えなかった「他車運転特約」のナゾ

【衝撃事件の核心】

 人から借りた車で事故を起こしてしまったら、真っ先に気になるのが保険の問題だ。果たしてこの車にかかっているのか、所有者以外の人が運転していても適用されるのか-。大阪に住むその男性も、友人の車を事故で大破させてしまったという。だが、この点で思い悩むことはなかった。なぜなら男性には「転ばぬ先のつえ=他車運転特約」があったからだ。父親の加入保険に付いており、自分もその対象。男性は同特約に基づき、大手保険会社に支払いを請求した。ところが返ってきたのは、まさかのゼロ回答。「そんなんインチキやん!」。男性側は訴訟に打って出たが、1、2審ともあっさりと棄却された。一体なぜ?!

借りた車が全損状態に…

 原告側代理人によると、およそ3年前の深夜のことだった。20代の吉岡清一さん=仮名=は大阪市内で、友人の田中敏行さん=同=から借りた乗用車を走らせていた。

 少しぼーっとしていたのかもしれない。気づけば目の前に、赤信号で停止中の車が迫っていた。

 ドン!

 幸い、追突した相手方は軽傷だったが、乗用車は全損状態に。後日、修理費は100万円超と算定された。田中さん自身は保険に入っていなかった。

 一方、吉岡さんの父親が契約していた自動車保険には「他車運転特約」が付いていた。

 保険会社のパンフレットにはこう書かれていた。

 「記名被保険者(※この場合は吉岡さんの父親)、その配偶者、同居の親族または別居の未婚のお子さまが、友人・知人等から臨時に借りた車を運転中の事故について、契約にセットされている補償の保険金をお支払いします」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ