無修正AV業界に激震!カリビアンコム配信会社摘発 海外発の“合法主張”は通るのか

台湾の会社を通じ、摘発された制作会社の映像を配信していたカリビアンコムのサイト※一部画像を加工しています

台湾の会社を通じ、摘発された制作会社の映像を配信していたカリビアンコムのサイト※一部画像を加工しています

【衝撃事件の核心】

 またもアダルトビデオ(AV)業界に激震が走った。有名女優らも出演する大手無修正動画サイト「カリビアンコム」に、映像を提供していた制作会社が摘発されたのだ。

 米国内から発信していることを理由に、自ら「合法」を全面に押していたカリビアン。今回の事件で警察当局は、カリビアンを制作会社の「共犯」と認定。既にICPO(国際刑事警察機構)を通じ、米捜査当局に捜査協力を依頼している。果たして「合法的な無修正配信」の主張は成り立つのか-。

 「両社一体の関係」

 「カリビアンコムというサイトは知りません」

 警視庁と愛知、静岡両県警の合同捜査本部に、わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で逮捕されたAV制作会社「ピエロ」の女社長、陳美里容疑者(67)=台湾出身=は逮捕時、こうとぼけてみせたという。

 捜査関係者によると、女社長は夫や息子など親族でピエロを運営。撮影した映像のほとんどがカリビアンで配信されており、「カリビアンのための会社」と言って矛盾のない状態だった。自社のホームページでもAVを販売してはいたが、実態をごまかすためのカムフラージュだったとみられる。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ