刑法犯認知100万件割る 戦後初 詐欺や誘拐は増加

 昨年1年間に全国の警察が認知した刑法犯は99万6204件で、戦後初めて100万件を割り込んだことが19日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。前年より10万2765件(9.4%)の減少。人口千人当たりの認知件数も7.8件で、前年より0.8件減で、戦後最少を更新した。

 刑法犯の認知件数は、平成14年の約285万4千件をピークに減少傾向。警察庁は「ひったくりなど街頭犯罪への対策が進んだほか、防犯カメラの存在も大きい」と分析する。

 罪種別では、未遂を含む殺人が37件(4.0%)少ない896件で前年に続いて戦後最少を更新し、既遂は339件だった。放火も178件(16.3%)少ない914件、強姦は178件(15.3%)少ない989件となり、いずれも約70年ぶりに千件を下回った。

 増加件数が最も多かったのは詐欺で、1567件(4.0%)増の4万999件。略取誘拐・人身売買も36件(18.8%)増の228件だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ