京都精華大生殺害10年 漫画冊子「解決まで」 友人ら情報求め15日配布

 京都市左京区の路上で平成19年、京都精華大マンガ学部1年の千葉大作さん=当時(20)が刺殺された事件は、未解決のまま15日で発生から10年となる。千葉さんの知人ら有志は、事件概要を伝える漫画冊子を作り、情報提供を呼びかけてきた。新しい情報が得られるたびに内容を更新してきたが、年月の経過とともに難しくなりつつある。それでも風化を防ぐため、今年も冊子を配る。

 「1月15日は毎年巡ってくるが、時間は10年前で止まったままだ」。千葉さんを指導した同大学の男性教授(55)は無念さをにじませる。学生食堂で漫画談議を繰り広げたことが思い出深く、「漫画へのひたむきな思いが印象的だった」としのぶ。

 事件から半年後の19年6月ごろから、千葉さんの友人らとともに、事件のあらましや千葉さんの人柄、犯人像を伝える漫画冊子の作成を開始。「千葉さんが大好きだった漫画の力で事件を解決したい」との思いからだった。

 漫画家になる夢をかなえるため、浪人生活の末、大学に合格したことや、恥ずかしがり屋で穏やかな性格だったこと…。千葉さんの友人らから聞き取り、警察の協力も得て、友人と別れてから事件に遭遇するまでの足取りや、自転車に乗り黒いジャージーを着た20~30代の容疑者が千葉さんに「アホ」「ボケ」と詰め寄る様子も盛り込み、分かりやすく漫画にまとめた。

 冊子は事件から1年の20年以降、毎年1月15日に現場近くで配布してきた。これまでに配布した冊子は計1万部。今年も2千部を配布する予定だ。2年に1度は内容を更新してきたが、ここ数年は寄せられる情報も乏しくなり、更新はままならない。

 教授は「当時は犯人を逮捕したいという気持ちが強かったが、今は彼を覚えていてほしいという気持ちの方が強い。事件が解決するまで活動を続けたい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧