4.9億円遺産脱税 元税理士に有罪 大阪地裁判決

 和歌山県の社会福祉法人への寄付を装い、相続税約4億9千万円を脱税したとして、相続税法違反罪などに問われた元税理士、岩上順被告(64)の判決公判が11日、大阪地裁で開かれた。村越一浩裁判長は「遺言書を偽造するなど犯行は計画的で悪質」として懲役3年、罰金800万円、執行猶予4年(求刑懲役3年、罰金1千万円)を言い渡した。

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ