列車が接触、20歳の自衛官が右肘を骨折 成人式帰り 酒に酔う?

 8日午後11時55分ごろ、宮城県栗原市瀬峰のJR東北線瀬峰-梅ケ沢間で、試験運転中の上り列車が、線路沿いを歩いていた福島県郡山市の自衛官男性(20)と接触し、男性が右肘を骨折するなどのけがを負った。

 築館署によると、現場は瀬峰駅から約400メートル北側。列車は今春に投入予定の新型車両で、瀬峰駅の方へ南下中、線路の左側を歩いていた男性と接触した。周辺に柵はなく、誰でも近づける状態だった。

 署によると、男性は栗原市出身で、8日に開かれた同市の成人式に出席。その後、市内の飲食店で友人らと過ごした。事故当時は酒に酔っていたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧