警察と検察の“不誠実”断罪 信号取り締まり逮捕めぐり空前の逆転劇

 交通違反で警察に反則切符を切られ、釈然としない経験をしたドライバーは少なくないだろう。信号無視の取り締まりで大阪府枚方市の不動産業の男性(60)が車載カメラの映像を要求して抗議したところ、その場で現行犯逮捕されてしまう。1審は罰金刑だったが、2審判決では空前の逆転劇となる裁判打ち切りの「公訴棄却」を勝ち取った。司法が断罪したのは、警察と検察の“不誠実”だった。

 「赤信号でしたよ。免許証を見せてください」。警察官2人が男性の車に近づき、声をかけた。平成27年7月12日午後8時過ぎ、大阪府枚方市の国道交差点。男性は「信号は黄色」と思っていた。警察の交通取り締まりに不信感もあったため運転免許証を窓越しにしか見せず、「(パトカーの)車載カメラを見せてほしい」と要求した。

 警官の再三の要請にもかかわらず、窓を10センチだけ下げるなどして抵抗。そのうちに応援要員が現場に到着し、男性の車は10人ほどの警官に取り囲まれた。

 男性「車載カメラを見せてほしい」

 警官「映像はない」

 何度目かの押し問答。男性がようやく車を降りたその瞬間だった。

 「逮捕や!」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧