大麻キャンディーを密輸、米国籍の男再逮捕「痛み止めに使うつもりだった」

 大麻の成分を含むキャンディー208本を密輸したとして、神奈川県警と長野県警などは5日、大麻取締法違反(輸入)容疑で、米国籍の自称飲食店従業員、ライアン・ホワイト容疑者(36)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年11月、乾燥大麻約7・5グラムとキャンディー計約1・5キロを航空小包郵便で密輸したとしている。

 神奈川県警によると、「痛み止めに自分で使うつもりだった」と容疑を認めている。

 県警や横浜税関によると、川崎外郵出張所の検査で発見。県警が泳がせ捜査を実施し、昨年12月15日、滞在先の長野県野沢温泉村の知人宅で小包を受け取ったため、麻薬特例法違反(規制薬物所持)容疑で現行犯逮捕していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ