配達中の荷物叩きつける 佐川急便正社員、行為撮影動画で発覚

 佐川急便の男性配達員が、配達中の荷物を蹴ったり、たたきつけたりしていたことが26日、同社への取材で分かった。配達員の行為を撮影した動画がインターネット上に投稿されたことから同社が調査、特定した。配達員は「いろいろなことに、いらいらしてやってしまった」と話して行為を認めているといい、同社は処分を検討している。

 動画は今月6日に撮影されたとみられ、マンション前の階段で、配達員が荷物を運ぶのに使う台車を放り投げ、荷物とみられる段ボールを蹴った後、台車に向けて激しくたたきつけたりする様子が写っていた。

 佐川急便によると、この配達員は正社員で、荷物はその後、配達されたとみられる。荷物の破損などの苦情は届いていないが、荷物を特定した上で配達先に謝罪するという。場所は「配送情報に関わる」として明らかにしていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧